美容 肌断食

肌断食で肌が痛い?【原因と対処法を紹介!】

こんにちは、ゆりなです。

ゆるく肌断食を始めて1年、今は本格的な肌断食を継続中です。

今日は、「肌断食中の肌の痛みと対処法」についての記事です!

肌断食中に、なんか肌がピリピリ、チクチクする感じで痛い。どうすればいいんだろう?

今回は、このような悩みを解決していきます!

肌断食中に肌が痛い場合は、乾燥が原因の場合が多いです。保湿をしたり、洗顔のぬるま水の温度を下げることで改善するかもしれません!
ゆりな

この記事の内容

  • 肌断食中に肌が痛い場合は、乾燥が原因の可能性が高い!
  • 対処法①ワセリンで保湿する
  • 対処法②洗顔する時のぬるま水の温度を下げる
  • 肌の様子を見ながら、無理しないことも大切!

では、具体的に解説していきます!

肌断食で肌が痛い場合は、乾燥が原因の可能性が高い

乾燥 悩み

肌断食中、肌がチクチク、ピリピリと痛い場合は、肌の乾燥が原因の場合が多いです。

今までスキンケアを念入りにしてきた肌は、

  • 自分の力で回復できない状態になっている
  • 乾燥している
  • 毛穴に炎症が起きている

このような状態になっていることが多いです。

その肌の状態があらわになるので、スキンケアをしていた頃と比べると、

「乾燥している!」

「肌が痛い!」

と感じることが多いです。

ゆりな
わたしも実際、洗顔後に、肌のつっぱりやピリピリ、チクチク感を感じることがあります!

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―の中で、著者の宇津木龍一さんは、本の中でこのように述べています。

洗顔後の状態を考えれば、それまで(化粧水やクリームを使ってスキンケアをしている時)だって肌は乾燥しきっていたのです。それを化粧水やクリームをつけてベトベト、ギトギトにして、あたかも肌自体がしっとりしているかのように錯覚していただけなのです。

わたしのスキンケア(肌断食)をはじめたら、そういったごまかしは、いっさいきかず、そのため、肌の状態がストレートに実感されます。バリアがこわれたボロボロの肌がむきだしにされたままですから、粉がふき、小じわも目立ちます。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法ー宇津木龍一

今までのスキンケアでダメージを受けた肌の状態があらわになることで、乾燥や肌トラブルが気になってしまいます。

また、同じ本の中に、このような記載もあります。

肌が乾燥しすぎている場合、肌は目には見えないひび割れで傷だらけになって炎症を起こしています。

そのため、肌にチクチク、ピリピリとした痛みを感じる場合が多いです。

乾燥に対処することで、このチクチク、ピリピリとした肌の痛みを改善することができます!

ワセリンで保湿をしよう

保湿

肌断食中に、ピリピリ、チクチクとした痛みを感じる時は、少量のワセリンで保湿をしましょう!

かゆみやチクチクする痛みを感じる場所にも、ごく少量のワセリンを使います。かゆみやチクチクを感じるのは、目に見えない細かいひび割れで傷だらけになって、軽い炎症を起こしているためです。ワセリンでコーティングすることによって、外部からの刺激から肌を守ることができ、傷が治りやすくなります。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法ー宇津木龍一

ピリピリするところに少量のワセリンを塗る

ワセリンを塗る時は、ピリピリするところや乾燥で粉をふいているところに少量使用しましょう。

ワセリンを使いすぎてしまうと、肌が余計に乾燥してしまいます。

米粒の半分くらいを、両方の手のひらでよく伸ばしてから、必要な部分に手のひらを押し付けながらつけてください。

押し付けるのは、肌をこすって肌にダメージを与えないためです。

ワセリンは白色ワセリンを選ぶ

また、ワセリンを選ぶ時は、純度の高い白色ワセリンがおすすめです!

余分なものが入っていないものを選び、肌へのダメージを減らしましょう!

ワセリンについて詳しく知りたい方は、ワセリンについての記事も読んでください!

ワセリンの選び方なども紹介しています!

合わせて読みたい!

肌断食中はワセリンで保湿しよう。おすすめのワセリンも紹介!

こんにちは、ゆりなです。 ゆるく肌断食をして1年、最近本格的に肌断食をスタートしました。 ワセリンには1年以上お世話になっています! 今回は、肌断食中のワセリンについてです。 肌断食中はワセリンがいい ...

続きを見る

洗顔するぬるま水の温度を下げる

洗顔 水

次に、乾燥の対処法として、

洗顔する時の、ぬるま水の温度を下げてみるのもおすすめです!

熱いお湯で洗顔してしまうと、顔の必要な皮脂までとれすぎてしまい、乾燥の原因になってしまいます。

33度以下のぬるま水で洗顔をする

宇津木龍一さんの本の中には「洗顔する時は、33度以下のぬるま水を使う」という記載があります。

体温より、肌の表面の温度の方が低いので、33度以下のぬるま水で十分に皮脂汚れは落ちるそう。

今までお湯で洗顔していた場合や、冬などは少し辛いかもしれませんが、洗顔する時のお湯の温度を下げることで乾燥対策になります!

水の温度管理は難しいですが、肌にぬるま水が触れて「あったかい!」と思ったら、もっと冷たくしてもいいと思います。

わたしは「あったかい」と思う温度で洗った時の方が、洗顔後のつっぱりや乾燥が気になりました。

「もしかしたら水の温度が原因?!」

そう思って、温度を下げてみたところ、洗顔後のつっぱりや乾燥が緩和されました。

もしかしたら、洗顔する際の水温が肌の乾燥や痛みの原因になっているかもしれないので、ぜひ見直してみてください!

改善しない場合は、自分の肌と相談して決める

ワセリンで保湿!

洗顔する時のぬるま水の温度を33度以下に設定!

これらの対処法でしばらく様子を見ても、痛みが改善されない場合は、

  • 肌断食をする日の頻度を減らす
  • スキンケア用品を少しずつ減らしてみる
  • 肌断食をお休みする
  • 皮膚科で相談してみる

このようにいろいろな選択肢があるので、ご自身の肌と相談をしてみてください!

今まで念入りにスキンケアをしてきた方ほど、乾燥やピリピリ感に悩まされるかもしれません。

とくに長年、スキンケアを熱心にしてきた人は、最初の1〜2ヶ月は、肌の乾燥に悩まされて、かなりつらいはずです。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法ー宇津木龍一

ただ、肌断食を推奨する宇津木龍一さんや、肌断食を実践した平野卿子さんは、著書の中で

成果はかならずあらわれます

肌の自己回復力を信じてください

大丈夫!あなたの肌は賢い

このようなメッセージを残しています。

「うわ!肌痛いし、辛い!」

そう思っても対処法を実践して、ちょっとだけ様子を見てみると、肌が以前より綺麗になっているかもしれません!

肌の様子を見ながら、肌断食の方法も自分で調整しながら、進めていってくださいね。

  • この記事を書いた人

ゆりな

美容・健康に興味がある旅行大好き30代女子です。ブログとyoutubeで綺麗に、健康に、幸せになる情報を発信中。肌断食でスキンケア実践中。シンプルケアで美肌を目指しています! 【わたしの人生】 北海道に生まれる→高校でニュージーランド留学→名古屋の大学→フルブライト奨学金制度でアメリカで日本語アシスタントを経験→一般事務→英語教員6年→ブログとYouTubeに取り組み中。

-美容, 肌断食
-, ,

© 2020 ゆるりなゆりなのブログ Powered by AFFINGER5