まつ毛パーマ・ケア 美容

【マツパ歴3年の感想】まつ毛パーマとビューラーはどっちが傷む?

2019年10月14日

【マツパ歴3年の感想】まつ毛パーマとビューラーはどっちが傷む?

まつ毛パーマに興味があるけど、まつ毛へのダメージがすごそう。
ビューラーでまつ毛をあげる方がいいのかな?
実際にまつ毛パーマをした人にまつ毛の傷み具合を聞きたい!

まつ毛パーマをかけるうえで、まつ毛の痛みはどのくらいかは事前に把握しておきたいですよね。

いくらメイク等が楽になっても、パーマ剤でまつ毛が傷んでしまっては台無しになってしまいます。

この記事では、実際にまつ毛パーマビューラーも試してみた私がどっちが傷むのかについてまとめています!

3年前からまつ毛パーマをかけて分かったことは、毎日のビューラーと比較をすると、まつ毛パーマの方が傷みが少ないことです。

しっかりケアをすることで健康的なまつ毛を保ちながら、くるりん上向きまつ毛を楽しむことができますよ〜!

ゆりな
実際に行っている具体的なケア方法も紹介していくので、安心してまつ毛パーマを楽しみたい方はぜひ最後まで読んでくださいね!

まつ毛パーマとビューラー、どっちがまつ毛が傷むのか

まつ毛パーマとビューラー、どっちがまつ毛が傷むのか

さっそく、まつげパーマとビューラーのどちらのほうがまつ毛が傷むのか、

ポイント

パーマとビューラーの特徴

私の3年間の経験

これらをもとに解説していきます!

自分の経験で比較すると、まつ毛パーマをしている時より、ビューラーで毎日まつ毛をあげているときのほうが、まつ毛が傷んでいました。

ゆりな
まずは、ビューラーの特徴やなぜ傷むのかについて紹介していきますね!

ビューラーでまつ毛をあげるほうが傷む理由

ビューラーでまつ毛をあげるほうが傷む

ビューラーを使うと、ほぼ毎日まつ毛に力を加えて引っ張ることになります。

まつ毛の毛根は、髪の毛より浅い位置にあるので、ちょっとした刺激で抜けてしまうといわれています。

ビューラーに加えて、マスカラとクレンジングの使用で、まつ毛にとっては大きな負担に。

ゆりな
実際に私も毎日マスカラ・ビューラー・クレンジングを繰り返しているうちに、まつ毛が細く、抜けやすくなってしまいました!

このような理由から、「ビューラー+マスカラ」での毎日メイクとクレンジングはまつ毛への大きな負担になり、まつ毛が傷んでしまうことが予想されます。

まつ毛パーマでまつ毛をあげる方が傷まない!

まつ毛パーマでまつ毛をあげる方が傷まない!

自分の経験からも、毎日のビューラーと比較をするとまつ毛パーマの方がまつ毛が痛まないと感じています。

実際にまつ毛パーマをかけ始めてからは、ビューラーの時のような細く頼りないまつ毛になることはなくなりました◎

ゆりな
もちろん、まつ毛パーマでは液剤などを使用するためまつ毛へのダメージは0ではありません!

髪の毛にパーマをかけた後、髪の毛が傷んでしまうことがあるように、

  • まつ毛が乾燥する
  • 折れて切れやすくなる

などのことも予想されます。

私も実際に連続でパーマをかけてしまうと折れたり、抜けやすくなることもあったので、しっかりケアをする必要があると感じています!

マスカラとクレンジングからの解放でさらに健康まつ毛に◎

マスカラとクレンジングからの解放でさらに健康まつ毛に!

まつ毛パーマをかけたら目力が以前よりはアップしたため、今はマスカラクレンジングも使用していません。

ビューラーの負担が減った上、マスカラやクレンジングの負担がなくなったため、以前よりも健康的なまつ毛をキープできています!

また、マスカラの代わりにまつ毛美容液を塗るだけで済んでいるので、メイクがかなり楽になりました◎

ゆりな
毎日の負担を減らすことが、まつ毛パーマを安心して楽しむためのポイントですね!

【毎日のビューラーよりおすすめ】まつ毛パーマのメリット

まつ毛パーマを検討する上で、メリットやデメリットを把握しておくと、「まつ毛パーマをかけるか」「ビューラーを続けるか」選びやすいですよね。

まずは、私が2年以上まつ毛パーマをして感じたメリットを紹介します!

まつ毛パーマのメリット

いつも上向きまつ毛

時短になる

マスカラ不要

まつ毛パーマのメリット①:いつもくるりん上向きまつ毛

まつ毛パーマのメリットは何と言っても

いつでもまつ毛が上向き。すっぴんでも上向きで目力もアップ!

まつ毛パーマ後1ヶ月経ちましたが、綺麗に保たれています!

まつ毛パーマのメリット①:いつもくるりん上向きまつ毛
30代主婦の自分のまつ毛です(笑)

これは、綺麗になりたい、可愛くなりたい女性にとってはかなり魅力的な要素だと思います。

まつ毛パーマに出会えてよかった!(切実)

まつ毛パーマのメリット②:時短できる

まつ毛パーマのメリット

ビューラーを使ってまつ毛をあげるのって、結構難しくないですか?

私は器用ではないからなのか、その日によって上がりすぎたり、折れ曲がったりとなかなかうまくできないこともありました。

まつ毛パーマは、プロの方が施術してくれるため、綺麗な形がキープされるので、ビューラーやマスカラと格闘することもなくなります。

朝の短い時間にスムーズにメイクが完了するので、まつ毛のせいでイライラすることもなくなりました!

まつ毛パーマのメリット③:マスカラは不要かも

まつ毛パーマのメリット

まつ毛の量や長さにもよりますが、

私はまつ毛パーマを始めてから普段はマスカラを使用しなくなりました。

理由は、パーマをかけてもらうと自まつ毛だけでも思ったより長さ・ボリュームが出たからです。

普段のアイメイクはマスカラの代わりに、まつ毛美容液を塗っています。

まつ毛美容液を塗ることでまつ毛のダメージケアをできると同時に、コーティングされることで少し太く見えるんです。

ゆりな
マスカラとクレンジングの負担が減り、まつ毛美容液でケアできている結果、ハリコシがあるまつ毛をキープ!

現在はヒト幹細胞培養液配合&低刺激のPHOEBEE(フィービー)アイラッシュセラムを使用しています。

商品名 PHOEBEE アイラッシュセラム
 
特徴① ヒト幹細胞培養液配合
特徴② 美容成分23種類配合
特徴③ 10の無添加で低刺激
値段 初回 3,278円(税込)
送料等 送料無料&定期縛りなし
公式HP 詳しくはコチラ

▽以前はスカルプ Dのまつ毛美容液プレミアムを使用していました!リーズナブルで使いやすい◎

まつ毛パーマのデメリット

まつ毛パーマのデメリット

こんなに便利で魅力的なまつ毛パーマですが、デメリットもあります!

まつ毛パーマを検討している方は、あとで後悔しないためにもしっかりとデメリットも把握しておくと安心ですね。

まつ毛パーマのデメリット

サロンに通う必要がある

ビューラーより費用がかかる

パーマ剤が刺激になることも

まつ毛パーマのデメリット①:サロンに通う必要がある

まつ毛パーマのデメリット①:サロンに通う必要がある

まつ毛パーマを始めると、定期的にサロンに通わなければいけません。

私の場合は、1ヶ月〜1ヶ月半に1回くらいのペースで通っています。

1ヶ月に1回用事が増えるので、毎日忙しい方は負担に感じるかもしれません。

ゆりな
私はエステやマッサージを受けながら過ごす時間が好きなので、まつ毛パーマの施術も”1ヶ月に1度きれいになれる機会!”だと思って楽しみだったりします。

↓ちなみにこちらがまつ毛パーマをかけた直後の写真です。

まつ毛パーマをした後の様子
まつ毛パーマをかけた直後はびっくりするぐらい上向き!

予約する際は、ポイントが貯まる&クーポンなどがあるホットペッパービューティを利用しています。

ホットペッパービューティ

まつ毛パーマのデメリット②:ビューラーに比べて費用がかかる

まつ毛パーマのデメリット②:ビューラーに比べて費用がかかる

ビューラーは1,000円程度で、替えのゴムはさらに安く手に入ります。

一方で、まつ毛パーマは1回の施術が4,000円以上のサロンが一般的。

毎月通っていたら1年で、48,000円にもなってしまいます!

そのため、費用面では圧倒的にビューラーの方がお得です!

ゆりな
私の場合は、時短とスッピンの時のまつ毛の上がり具合を考慮すると正当な自己投資だと感じるので、値段は気にしないようにしています(笑)

まつ毛パーマのデメリット③:パーマ剤が刺激になる可能性も

性も

まつ毛パーマをかけるデメリットの3つ目は、パーマをかける際の薬剤が刺激になってしまう可能性があること。

私が通っているまつ毛パーマサロンでは、担当の方によっては、少しパーマ液が目に染みる感じがしました。

また、まつ毛パーマをかけるためのロットを取る際も、目を擦るので少し刺激があります。

ゆりな
パーマ剤の刺激が嫌だ!という方は、まつ毛美容液でケアをしつつ、ビューラーの使用を選ぶのもあり!

ビューラーとまつ毛パーマのメリット・デメリットを考え、自分に合う方を選んでくださいね!

ヒト幹細胞配合まつ毛美容液「PHOEBEアイラッシュセラム」

まつ毛パーマをかける方におすすめのケア

まつ毛パーマをかける方におすすめのケア

魅力いっぱいのまつ毛パーマですが、まつ毛が傷まないようにするためには、日頃のケアが必要不可欠!

いくら上向きまつ毛でも、細かったり、切れやすかったりすると、まつ毛パーマを楽しめないですよね。

私が日頃行って、効果を感じているケア方法は次の3つです。

まつ毛パーマ中のケア

まつ毛美容液を使う

普段はマスカラを使用しない

クレンジング不要のメイクをする

まつ毛パーマ中におすすめのケア①:まつ毛美容液を使う

まつ毛パーマ中におすすめのケア①:まつ毛美容液を使う

まつ毛パーマと同時に、美容液でケアをすることで、まつ毛のうるおいやハリコシをキープすることができます。

私はマスカラの代わりにまつ毛美容液を使って、日中のケアを始めてから、傷んでいたまつ毛にハリコシが復活しました!

以前使っていたスカルプ Dのまつ毛美容液はズボラなわたしにも優しく、「1日1回の使用でOK」なので楽でした◎

▽使用していたスカルプDまつ毛美容液プレミアム

現在は「もう少し成分にこだわってみたい」という思いでPHOEBE(フィービー)のまつ毛美容液を使用しています。

フィービーはブラシタイプなのでまつ毛一本一本にしっかり塗れる感じも気に入っています。

PHOEBEアイラッシュセラム

詳しい口コミなどが知りたい方は、こちらの記事も合わせて読んでくださいね!

>>PHOEBE(フィービー)まつ毛美容液【良い・悪い口コミまとめ】

まつ毛パーマ中におすすめのケア②:普段はマスカラを使用しない

まつ毛パーマ中におすすめのケア

美容液でのケアに加えて、普段のダメージも減らしてあげることで、健康的なまつ毛を保てます。

マスカラの使用とクレンジングでまつ毛をこする行為は、まつ毛にダメージを与える原因に。

ゆりな
「マスカラを使わないなんて無理!」という方は、薄めのメイクでOK!と思える時だけでもマスカラをお休みすることで負担を減らせます!

まつ毛パーマ中におすすめのケア③:クレンジング不要のメイクをする

最後にまつ毛のためにも意識していることは、クレンジング不要のメイクにすることです。

洗浄力が強いクレンジング剤で顔全体のメイクを落とすと、まつ毛にもついてしまい、負担になってしまいます。

私は現在、石鹸で落ちるミネラル化粧品を使い、クレンジング不要のメイクを愛用中。

ゆりな
実際にクレンジングをやめてから、まつ毛の傷みがそれほど気にならなくなりました。

▽ファンデーションから見直すのもおすすめ!

愛用中のミネラルコスメ

「まつ毛への負担を徹底的に減らしたい!」という方は、石鹸で落ちるコスメのお得なお試しセットについてまとめた記事もチェックしてくださいね!

>>【失敗せずに選ぼう】ミネラルコスメのお得なお試しセット4選!

結論、ビューラーよりまつ毛パーマのほうが傷みが気にならない!

結論、ビューラーよりまつ毛パーマのほうが傷みが気にならない!

まつ毛パーマは、

まつ毛パーマの感想

毎日のビューラー使用よりダメージが少ない

時短できる上に、すっぴんが綺麗になる

しっかりケアをすると健康的なまつ毛が保てる

ということが実体験からもわかり、ビューラーよりメリットが多いと感じています。

日々のケアもしっかりすることで、健康的なまつ毛をキープしながら、ぱっちりな目元も楽しめます◎

ケアにはまつ毛美容液が欠かせないので、気になるものがあれば合わせてチェックしてみてくださいね!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

この記事が、あなたのベストなまつ毛のケア方法が見つかり、すっぴんとメイクの時間、両方を楽しめるきっかけになると嬉しいです!

あわせて読みたい



  • この記事を書いた人

ゆりな

美容・健康に興味がある旅行大好き30代女子です。綺麗に、健康に、幸せになる情報を発信中。肌断食で「何もしない」スキンケアを実践中で、ミネラルコスメ愛用しています。シンプルライフで、綺麗と健康を目指す方に届けたい!

-まつ毛パーマ・ケア, 美容
-, ,