アメリカ 旅行

UberとUber Eatsはアメリカ旅行の必須アプリ!

2019年8月17日

Uberとかよく言葉は耳にするけど、なんなんだろう?

Uberは配車アプリのことだよ。

配車アプリ?タクシーとは違うの?

タクシーとは違って、一般の人が空き時間と自家用車を使って行うサービスなんだよ🌼

みなさん、Uberを使ったことがありますか?

私は今までYoutuberのバイリンガールちかさんが使うのを動画の中で見てきただけでした。

今回、アメリカ旅行へ行く上で

「もしかしたら使うかも?!」と思い、出発前にインストールしました。

これが大正解!

今回は

✅Uberってどうやって使うの?

✅そもそもタクシーより便利なの?

という疑問に答えたいと思います!

UberとUber eatsのアプリをインストールして、さらに旅を快適にしましょう!

Uberをインストールしよう

手順は簡単

  1. Uberのアプリをインストール!
  2. 案内に沿って必要事項を入力!
  3. 完了!

必要なもの

自分の情報

クレジットカード

キャリアが使える環境

Uberの設定にはキャリア環境が必要なので日本にいるうちに設定をしてからでかけましょう。

使ってみよう

使い方もとっても簡単

基本的に行き先と今の居場所を入力するだけです!

入力が終わると、

だいたいの金額、ドライバーがあと何分でこれるかなど

アプリが近くのドライバーを見つけてくれて、示してくれます。

確定をすると、待っている場所にドライバーさんが迎えにきてくれます。

また、ドライバーさんの名前・顔写真・車種・車のナンバーも確認できるので、間違えて乗車することもありません。

(地図上に車も表示されるため、今ドライバーさんがどこにいるのかも把握できます)

タクシーとの比較

その場で支払いをする必要はないのでスムーズ

登録してあるクレジットカードに自動で請求されるため、その場で支払いをする必要がなく、降りるときもスムーズ。

目的地に着いたら「Thank you!」と言ってスマートに降りましょう!

チップも乗車後にいくら払うか決めることができるので、慌てて計算する必要もないのに加え、サービスに応じていくら渡すかも考える時間があります。

チップの計算にわたわた💦する私にはぴったりでした✨

ぼったくり・・・なども回避できる

アプリが道を示してくれ、ドライバーはその通りに走ってくれるので、遠回りをして料金をぼったくり・・・ということもありません。アプリを開いたままでいると、どの道を通っていて、目的地までどのくらいかすぐにわかります。

乗車後、Uberから登録したメールアドレスに、通ったルートの画像まで送ってきてくれます。

ちなみに・・・

ラスベガスの空港に到着した時、まだUberを使う勇気がなく、

空港からホテルまでタクシーで移動しました。

☑️空港からホテルまで【タクシー】→33ドル(チップ込み)

「インターネットに載ってる情報より高い・・・」

と思ったので、帰りはUberを利用しました。

☑️空港からホテルまで【Uber】→20.5ドル(チップ込み)

こんなに違うんです!

乗りごごちも快適だし、ぼったくりみたいな値段ってせっかくの旅行のワクワクが減ってしまいますよね。私はUber推しです。

「目的地がうまく伝わらない」も回避

英語を使って目的地を伝えるとうまく伝わらないこともありますよね。

Uberなら目的地を初めから入力しているため、そのような問題は起きません。

乗った時に「目的地はここでいいよね?」と聞かれるので、「Yes!」と答えられればバッチリです!笑

注意すること

Uberの乗り場があるときは出来るだけそこで待つ

ラスベガスのホテルやアウトレットモールでは、しっかりUber pickupなどと書かれた場所がありました。

Uberの利用したいときは、この場所がドライバーさんにとっても待ち合わせしやすいので、チェックしておいて、出来るだけそこを使うのが安心です!

私はアウトレットでUberを利用した際、1度目は自分の待っている場所(道路沿い)まで来てもらえましたが、

2度目は、運転手さんが示した場所ではなく、Uberの乗り場に行ってしまい、アウトレットモールの中を荷物を持ちながら5分くらい走りました🥶(息切れすごかったです)

ドライバーと連絡が取れるように常にWi-Fiが使える環境または、ポケットWi-Fiを持ち歩く

Uberではドライバーさんのいる位置の把握ができます。

「あと何分?」

「迷ってない?」

などの確認にも便利なので、常に連絡できる環境を整えておくと安心です。

また、海外でキャリアが利用できる場合(Wi-Fiだけではなく、海外の電波を使って利用している状態)以外は、電話はできませんが、

Wi-Fiがあれば、Uberのチャット機能をつかってドライバーさんと連絡をとりあうことができます。

チャット機能を使うと、待ち合わせ場所に食い違いがあった時も連絡を取り合って解決できると思います!

私はグローバルWi-Fiを利用しました。

Uber Eatsをインストールしよう

とっても簡単

Uberをインストールすれば、アプリが自動で連携してくれるので、改めてクレジットカード情報などを入れるのは不要です。

使ってみよう!

これも、届けて欲しい場所を入力して、

メニューを選ぶだけです!!!!!!!!

「何分で出来上がるか」の目安も、注文したいレストランのページに記載されているので、慌てているときは配達時間が短いものを選ぶこともできます。

料理の値段にサービス料と配達手数料が入った値段が請求されます。

私が頼んだときは、サービス料(約5ドル)、配送手数料(約2ドル)でした。

義務ではありませんが、配達が完了したら「チップを渡しますか?」という画面になります。渡すか渡さないか、そして金額を決めたら全て終了です!

旅行は1日中歩くこともあり、夜は疲れてしまうことも多いと思います。

今夜はホテルの部屋でまったり晩御飯を食べたい!

晩御飯買いに行くのもだるい・・・

のような時には、本当に便利なサービスです。

まとめ

今回初めてUberとUber Eatsを利用してみて、

本当に便利すぎて、なぜ日本ではあまり普及していないんだろう・・・と嘆いてしまうほどでした。

国によっては対応していない国もあると思うので、事前に旅行先について調べてみてから利用してみてください。

アメリカのラスベガスでは、本当にすぐに配車され、快適に利用することができました。朝6時くらいでもドライバーさんは元気に活動されてました笑

タクシーや英語を使うことに不安がある方は、ぜひUberの利用を検討してみてください!

みなさんの旅行が素晴らしいものになりますように٩( ᐛ )و❤️

  • この記事を書いた人

ゆりな

美容・健康に興味がある旅行大好き30代女子です。ブログとyoutubeで綺麗に、健康に、幸せになる情報を発信中。肌断食でスキンケア実践中。シンプルケアで美肌を目指しています! 【わたしの人生】 北海道に生まれる→高校でニュージーランド留学→名古屋の大学→フルブライト奨学金制度でアメリカで日本語アシスタントを経験→一般事務→英語教員6年→ブログとYouTubeに取り組み中。

-アメリカ, 旅行
-, ,

© 2020 ゆるりなゆりなのブログ Powered by AFFINGER5