タイ 旅行

タイ旅行でクレジットカードは必要?旅行で感じたタイのクレカ事情

こんにちは、ゆりなです。

海外旅行が大好きで、今まで留学も含めて、6カ国を訪れました!

最近旅行に行った国は、タイです!

今日は、

タイ旅行を計画中。クレジットカードが使えない場所があるって聞いたけど、どんな場所で使えたり、使えなかったりするのかタイのクレジットカード事情が知りたい!

そんな疑問を解決していきます!

タイでは、ほとんどの場所でクレジットカードが使えますが、

  • ローカルなレストラン
  • ナイトマーケットなどの市場
  • BTSなどの券を買う時(券売機)
  • タクシー
  • 少額の利用(コンビニなど)

この場合は使えないことが多かったです。

「あれ、思ったよりクレジットカード使えない場所が多い!」という印象です。

日本のクレジットカード事情や、電子マネーに慣れていると少し不便を感じるかもしれません。

ただ、使える場所もたくさんあるので、VISAやMASTERカードなど、海外でも利用できるブランドのものを持っていきましょう!

また、現金(タイバーツ)もいくらか準備しておきましょう!

では、詳しく解説していきます。

タイでクレジットカードが使える場所

まずは、タイでクレジットカードが使える場所を紹介します!

基本的に、観光客がよく利用する場所などであれば使えるのでそれほど心配ありません。

クレジットカードが使える場所

  • スーパーマーケット
  • ショッピングモール
  • レストラン・カフェ
  • 薬局
  • (高級)マッサージ店

スーパーマーケット

スーパーマーケットではクレジットカードが使えます!

私は宿泊先の近くにあるショッピングモール内のスーパーマーケットを利用していました。

  • トップス
  • グルメマーケット

こちらの2店舗で買い物をしましたが、クレジットカードの利用ができました!

コンビニなどではクレジットカードの利用条件があったりするので、

近くにスーパーがあるなら、必要な飲み水などをまとめ買いすると、コンビニで現金を使う必要がなくなります。

ショッピングモール

駅の近くにあるショッピングモール。

いろいろなお店が入っており、買い物に便利ですよね!

バンコクにいくつかあるショッピングモールではクレジットカードが使えます!

私は、

  • ターミナル21
  • MBK
  • 免税店

これらのショッピングモールでクレジットカードを利用しました。

観光客が多く、安心してクレジットカードが使える場所の1つです。

冷房があったり、トイレもしっかりと完備されているので、タイを初めて訪れる際にはショッピングモールは安心して過ごせる場所です。

レストラン・カフェ

マーケットや屋台ではない、

  • 1つの建物になっているレストラン
  • ショッピングモール内のレストラン

では、基本的にクレジットカードを使えます。

こんな感じの雰囲気なら心配なし!

ただ、ローカルなレストランは使えない場合があるので事前にチェックしていくのがオススメです!

気になるレストランがあれば、事前に店名で検索してみる、

タイのレストランについて知りたかったら、トリップアドバイザーをチェックするのもオススメです!

バンコク のタイ料理(トリップアドバイザー)

https://www.tripadvisor.jp/Restaurants-g293916-c39-Bangkok.html

薬局

ショッピングモールなどに入っているBootsなどの薬局では、安心してクレジットカードを使うことができます!

ゆりな
タイには日本では買えない美容に使えるアイテムがたくさんあるので、Bootsで1番買い物をしてしまいました!
  • タイでお腹を壊してしまった時
  • 美容に効くアイテムを買いたい時
  • 育毛アイテムを買いたい時
  • お土産を買いたい時

こんな時に重宝したタイの薬局。

楽しいし、クレジットカードも使えるので、ぜひ1度足を運んでみてください!

マッサージ

タイの高級マッサージ店ではクレジットカードは使えます!

私は、ヘルスランド(https://www.healthlandspa.com)というマッサージ店で極上マッサージを受けてきました。

ヘルスランドは、クレジットカードで支払うと割引もあるなんともお得なお店です!

私が訪れた2020年の1月の時点では、VISAカードの使用で以下のような割引がありました。

タイマッサージ【2時間】

  • 通常600バーツ(2400円くらい)
  • 割引後300バーツ(1200円くらい)

他の方の口コミでは「マスターで割引があった」と書いてあったので、時期によって違うのかもしれません。

ゆりな
とりあえず、クレジットカードを持っていくならVISAかMasterで決まりですね!

ただ、小さいマッサージ店など、お店によっては使えない場所もあるので、注意が必要です。

こちらも事前に店名と口コミをチェックしておくのがオススメ!

「せっかくのタイ旅行だし、贅沢したい!」という方は、ヘルスランドに行ってみてください。

タイでクレジットカードが使えない場所

日本と比較すると「え!ここもクレジットカードが使えないの?」という印象でした。

また、「〇〇バーツ以上じゃなきゃ使えません」というお店もあり、

文化や国の違いを感じました。

クレジットカードが使えない場所

  • コンビニ
  • ローカルなレストラン
  • ナイトマーケット
  • BTSなどの交通機関の券売機
  • タクシー

コンビニ

水や簡単な食べ物などを買うのに便利なコンビニですが、

空港でコンビニを利用した際、「200バーツ以上じゃなきゃカードは使えません。」と言われて驚きました!

コンビニは「〇〇バーツ以上の利用」など、クレジットカードを使う際に条件があるようです。

タイは、暑いのと、水道水が飲めないので、水の購入回数は増えると思います。

コンビニに立ち寄る際には、現金を準備しておきましょう!

ローカルなレストラン

ローカルなレストランではクレジットカードが使えないことがあるそうです。

事前に、確認しておくと、入店後焦ることもなくなります。

  • 入店する前に、クレジットカードが使えるか聞いてみる
  • タイに行く前にインターネットで口コミを確認してみる

タイでは英語が通じないことが多い印象ですが「クレジットカード」という単語が聞き取れたら、

使えるか使えないか答えてくれるはずです!

Credit card OK?

心配な場合は確認してからレストランに入りましょう!

ナイトマーケット

ナイトマーケットは、個人の小さなお店がぎっしりと並んだ市場です。

こんな感じでぎっしり!インスタ映えです!

そのため、クレジットカードが使えないことが多いです。

また、人がおおく店員さんも忙しいので、あらかじめ現金で購入するというスタンスでいくのがオススメ。

ナイトマーケットでは、

安く購入できるものがたくさんあるので、そんなに大量の現金を持っていく必要はありません。

ゆりな
ピーク時には、人がぎっしりになるので、貴重品の管理も気をつけてくださいね!

BTSなどの券を買う時

地下鉄やBTSなど、交通がとっても便利なタイですが、

券売機でクレジットカードを使うことができません。

ラビットカード(BTSのプリペイドカード)で300バーツ以上チャージする時は、窓口での使用はできますが、

基本的に現金が必要です。

公共交通機関を使う予定があれば、現金を準備していきましょう!

ゆりな
ラビットカードは、毎回券を買う必要がなくてすごく便利でした!(発行手数料がかかるのがちょっと残念ですが。)スムーズにBTSを利用したい方にオススメです。

タクシー

タクシーも基本的には現金のほうが主流です!

1度だけクレジットカードを利用しましたが、ドライバーさんも「クレジットカードでの支払い?」と珍しそうなリアクションをしていました。

私はGrabというタクシー配車アプリを利用していましたが、

アメリカのUberとは違い、クレジットカードを登録することができず、

到着後、現金での支払いをしました。

宿泊する場所によっては、BTSなどの公共交通機関ではアクセスが良くない場所があるので、

タクシー利用の際の現金も準備しておくことがオススメです。

現金(タイバーツ)はどのくらい必要?

私たちは夫婦で5泊6日のタイ旅行に行ってきました。

他の国旅行に行く時より、多めの現金を準備しました。

  • 日本で2万円ほどタイバーツに換金
  • 残り7万円ほどは現地でタイバーツに換金

一人2万円ずつお小遣いとして支給する感じにしたので、

個人的な買い物やお土産は2万円で十分。

交通費(BTS、タクシー代)、チップ、現金しか使えない場所での食事、高くない会計の時などはタイバーツを使用しました。

私たちは、現地でキャッシングをするのが不安だったので、多めに持っていきました。

特に我慢をすることなく、買い物をしたり、食事をしたりして十分足りる額でした!(7万円は多すぎたかも)

後半は積極的に現金払いをしていたので、

クレジットカードを積極的に使う場合は、これより少なくてもいいかもしれません。

空港よりバンコクの中にある換金所の方がレートがいい!

日本でするよりタイ、

空港でするよりバンコク市内の換金所の方がレートがいいと言われています。

私は口コミで調べて「バンコク市内で1番レートがいい!」という場所に行ってみましたが、

(確かBTSナナ駅の近くにあった換金所です。)

空港から荷物たっぷりで直接行ったので、階段の上り下りやタイの暑さが結構ハードでした。

次からは多少高くても空港で換金したり、荷物を置いてからの方がいいね!

こんな反省点もあるので、バンコク市内で換金予定の方は参考にしてください・・・。

タイで使ったクレジットカード

私はMaster、Visa、JTBの3種類を持っていきましたが、全て問題なく利用できました。

私が持っていったカードの種類はこれらです。

  1. dカード
  2. リクルートカード
  3. JALカード

これからカードを作るんだよね。

私の使っているカードからオススメするなら、

  • docomoユーザーならdカード
  • じゃらんやホットペッパービューティ など、リクルートのサービスが多い場合はリクルートカード
  • 「飛行機はJAL!」と決めているならJALカード

こんな感じです。

他の旅行サイトを見ていると、エポスカードもお得でいいなと思いました!

エポスカードは、

  • 永年年会費無料
  • 海外旅行保険自動付帯
  • 200円の利用で1ポイントたまる
  • 「たまるマーケット」を経由することでAmazon、楽天、Yahoo、ユニクロ、じゃらんなどの利用でポイント2〜30倍アップ
  • 貯めたポイントはネットショッピングの際の割引や、マイルやdポイントに交換可能なので用途に合わせて使える

詳細は、公式ページを確認してみてください!

ゆりな
自分の生活スタイルにあったカードを探すのがベストなのでいろいろ比較してみてくださいね!

まとめ

タイは、日本と比較するとクレジットカードが使える場所が少ないです。

ただ、お土産を買ったり、美味しいご飯を食べたりと、クレジットカードを使える場所もたくさんあるので、

クレジットカードと現金を使い分けて、快適な旅にしてください。

タイで行きたい場所などをあらかじめ把握しておくことで、

  • 現金をいくら準備するのか
  • クレジットカードはどの種類のものを持っていくのか

を考えることができ、

計画的に準備を進められると思います!

あなたのタイ旅行が素敵なものになりますように!

Have a wonderful trip!

タイ旅行についての他の記事をチェック!

タイのバンコクでAirbnbを利用!感じたメリットとデメリット

こんにちは、ゆりなです。 2020年の冬に初めてのタイで、初めてAirbnbを利用し、5日間バンコクに滞在しました。 その経験から感じたAirbnbについてメリット・デメリットをまとめました。 こんな ...

続きを見る

タイに移住できる?タイで暮らすメリット・デメリット【滞在1週間の正直レビュー】

こんにちは、ゆりなです。 今日は、フリーランス志望のわたしが先日の1週間のタイ旅行を終えて、 「タイに移住できるのか」考察してみたので、 生活コストを下げて生きるために、日本以外の国に移住したいな。タ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ゆりな

美容・健康に興味がある旅行大好き30代女子です。ブログとyoutubeで綺麗に、健康に、幸せになる情報を発信中。肌断食でスキンケア実践中。シンプルケアで美肌を目指しています! 【わたしの人生】 北海道に生まれる→高校でニュージーランド留学→名古屋の大学→フルブライト奨学金制度でアメリカで日本語アシスタントを経験→一般事務→英語教員6年→ブログとYouTubeに取り組み中。

-タイ, 旅行
-, ,

© 2020 ゆるりなゆりなのブログ Powered by AFFINGER5